火災保険は未請求が多い保険?補償内容を再確認して保険金のもらい忘れを防ごう

火災保険

火災保険は非常に請求忘れが多い保険だと感じます

保険は請求しないと受け取れないので、どのような時に火災保険を使えるかを把握していないと保険金を受け取れません

今回は保険代理店目線で請求忘れの多いと感じる事故例と補償内容を中心に記事にしていきます

目次にそって順番にみていきましょう

 

スポンサーリンク

火災保険ではなく家災保険?

 

請求忘れってどういうこと?

家が燃えて請求しない人がいるってこと?

火災保険の請求忘れは、火災以外の事故の時に多いです。

火災保険という名前なので、燃えた時のための保険と思われる方が多いと思いますが、実は、燃えた時以外の補償がたくさんついています

ですので、火災保険というより家災保険と思っていただいた方がわかりやすと思います

 

それは知らなかったよ。

僕も、ほんとは保険金もらえた事例もあったのかもしれないなぁ

この機会に火災保険の補償内容を再確認するよ

 

補償内容を再確認しよう

※火災保険の補償範囲は各社保険会社で細かく違いがあることが多いです。今回は共通している部分を説明いたしますが、気になる部分がある場合は必ずご自身の加入されている保険会社や代理店にご確認ください。

火災、破裂・爆発、落雷

もちろん燃えた時もそうですが、ガス爆発での被害も対象です。

請求忘れの多いのが落雷被害です、実際よくあるのが、

  • アンテナや近くの電柱に雷が落ちて、テレビや電話や電化製品が壊れる
  • ボイラーが壊れてお湯が出ない

建物と家財に火災保険をかけていれば、上記の場合は新品が買える金額が補償されます

風災、雪災

戸建ての場合、敷地内にある車庫やカーポート、物置なども対象になります。

実際に台風でカーポートが破損したり、自宅の屋根から落ちた雪で車庫や物置の屋根が破損しているのに、火災保険に請求せずに実費で直してまったという方は多いです

水災

集中豪雨で川が氾濫し、床上浸水した場合や土砂崩れの損害の補償です。

水災の補償は、ここ数年の全国的な水害で認知されてきているので、請求忘れは少ないと思います

建物外部からの物体の落下・飛来・衝突など

ここは結構請求忘れがあります。請求忘れの多い例としては

車庫へ入庫時にシャッターにぶつけて破損させてしまった

自動車保険の対物賠償保険では、自分の家の修理費用は出ません

なので、自分でぶつけてしまったからしょうがないと思い、実費で直してしまったというのが多いです。

建物から見ると物体の衝突に含まれるので対象になるということです

漏水などによる水濡れ

ここも請求忘れが多いです

水道菅等の給排水設備から漏れた水により、建物や家財に水濡れの損害が発生した場合に補償されます

事故例

  • ボイラーに繋がっている水道管から水漏れが発生して脱衣所のクロスを張り替え
  • トイレの水道管から水漏れがあり、床を張り替え
  • 台所の水道管からの水漏れでフローリングを張り替え
  • 洗面台の水道管からの水漏れで洗面台交換
  • 雨どいから雨水が建物内に入ってきて内壁に水濡れがあり張り替え

と色々あります

知らないと請求できない部分なのでしっかり覚えておきましょう

盗難

泥棒が建物に侵入する際に壊された箇所や、家財に火災保険をかけていれば、盗まれた物も対象になります。

盗難にあった際は、必ず遅延なく警察に届け出て下さい

警察への届出が無いと火災保険ではお支払いできませんのでご注意ください

明記物件

貴金属や宝石ならびに書画、骨董、彫刻物などの美術品で1個または1組の価格が30万円を超える場合は契約時に明記していないと対象になりません。

不測かつ突発的な事故(破損・汚損)など

ここも請求割れは多いです。

簡単にいうと自分の不注意で壊してしまった時にも対象になります。例えば

  • 模様替え時にテレビを落として壊してしまった
  • つまずいて壁にぶつかり穴を空けてしまった
  • 飲み物をこぼしてしまってデスクトップパソコンを壊してしまった

など、例を出すといくらでも出てきます

注)下記は家財の火災保険の対象外となります

携帯電話、タブレット、ノートパソコン等の携帯電子機器
眼鏡、コンタクトレンズ、義歯、義肢

補償内容のまとめ

これまで、請求忘れの多いところを中心に説明しました。

全てを完璧に覚えることは難しいと思いますので、みなさんに今回一番お伝えしたかった事は

家と家財道具に何か損害があってお金がかかってしまうことがあれば保険会社に火災保険の対象になるか確認をする
ということです。
確認で保険会社に連絡さえできれば、本当は保険金貰えたはずなのに貰えなかった、という事は避けられるはずです
また保険会社によっては、
トイレが詰まってしまった時などの水回りのトラブルの応急処置を無料で提供しているところがあります
その都度業者に依頼すると人件費分で最低数千円はかかってしまうので、火災保険のサービスは上手に活用していきましょう

請求時に必要なものは?

 

本当に火災以外でも色々対象になるんだね、

でも覚えきれないから、何かあったら保険会社に確認するようにするよ。

実際に請求する時に自分で用意しないといけないものってあるの?

火災保険の請求時には、損害箇所の写真修繕見積もりが必要となります

修繕業者さんに「火災保険に請求する予定なので損害箇所の写真と修繕見積もりをセットで下さい」とお伝えいただければ、業者さんもわかっている方がほとんどなのですぐに準備いただけます

請求前に写真を取らずに修繕してしまうと、最悪の場合請求できなくなる場合がありますのでご注意ください

個人賠償特約はおすすめ

 

請求前に直してしまわないように注意しますね。

今加入している火災保険の特約で個人賠償責任特約が付いてるんだけど、どういう特約なの?

個人賠償責任特約とは日常生活で第三者へ法律上の賠償責任が発生した損害を補償する特約です

さらに同居のご家族と別居の未婚のお子さんまで対象になります

例えば、

  • ガス爆発によって周りの家に損害を与えてしまった
  • 子供が自転車で通行人にぶつかり怪我をさせてしまった
  • 子供がボール遊びをしていて駐車中の車を傷つけてしまった
  • お店の商品をあやまって壊してしまった
  • ペットの散歩中に、他人に噛み付いて怪我をさせてしまった

など例を出すとたくさんあります。

可能性は低いですが、弁護士費用を含めると賠償額は高額になりがちです

また特約保険料としても年間1,200円程度で加入できますので、加入をおすすめします

 

こんな良い特約だったんですね。

他人に賠償しないといけない事が出てきたら、忘れずに保険会社に確認するようにします

まとめ

以上のことからまとめますと

火災保険は意外に補償範囲が広い
請求前に写真を取らずに修繕してしまわないように注意する
個人賠償責任特約はおすすめ
結論:家と家財に何かあったら保険会社に対象になるか確認する

火災保険は補償範囲を覚えるのが一番ですが、非常に細かいので難しいです

未請求の方はご自身の判断で、どうせ出ないだろうと思って連絡しない方がほとんどです

自己判断で損してしまわないよう、何かあったら確認することを忘れないでください

 

中には、こんな小さな損害で保険会社に言うのも気が引ける、とおっしゃる方もいます

そんな方には、第三者の専門家に火災保険の対象になるか無料診断してくれる所がありますので下記からどうぞ^ ^

本来は保険金を受け取れていたはずなのに受け取っていない方が、一人でもいなくなる事を願っております^ ^

この記事が、火災保険を考えるきっかけになっていただけたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント