掛捨て死亡保険はどのように入ったらいい?収入保障保険がおすすめです

死亡保険

私は生命保険は掛捨て死亡保険のみで十分と考えています

しかも必要なのは、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭くらいです

おすすめなのは、収入保障保険という掛捨て死亡保険です

必要額の考え方から順番に考えて行きましょう

 

スポンサーリンク

遺族年金って知ってますか?

 

遺族年金は聞いたことあります!でもいくらもらえるかは解らないなぁ。

一般的な会社員だとどれくらい貰えるの?

 

会社員や公務員の方は国民年金厚生年金保険から遺族年金が支給されます

平均標準報酬月額遺族年金+遺族厚生年金
妻のみ妻と子1人妻と子2人妻と子3人
月額月額月額月額
20万円7.5万円11万円12.9万円13.5万円
25万円8.2万円11.7万円13.5万円14.2万円
30万円8.8万円12.3万円14.2万円14.8万円
35万円9.5万円13万円14.9万円15.5万円
40万円10.2万円13.7万円15.5万円16.2万円
45万円10.8万円14.3万円16.2万円16.8万円
50万円11.5万円15万円16.9万円17.5万円

※「子」とは、18歳到達年度の末日(障害等級1級・2級に該当する場合は20歳未満)までの子。

住宅ローンがある方は、加入している団体信用生命保険からローン残高を支払われるので、必要額のイメージをされる場合はローン金額を差し引いて計算してください。

 

住宅ローン分がなくなると考えても少し足りないように感じますね。

お子さんが小さいご家庭だと、奥さんがフルタイムで働くのは難しいだろうし。

それぞれ、ご家庭の状況は違うと思いますので、あとどれくらい月額が増えれば生活出来るかをご夫婦でお話あってイメージして下さい。

 

必要額が決まったら保険期間を決めよう

 

遺族年金と10万円くらいあれば、奥さんのパートの収入も考えれば生活できるような気がします。収入保障保険に入る時に保険期間の設定が必要みたいだけど、どのように考えればいいの?

 

保険期間の考え方もいろいろですが、一番下のお子さんが就職される18歳〜22歳になる年齢まで加入するのが保険料も安くなっておすすめです

保険期間を奥様が年金もらえる65歳になるまでにしたいという優しい旦那様もおられると思いますので、ご夫婦でじっくり話し合って頂ければと思います

ただし、保険期間が長くなれば保険料も上がりますので、保険料とも相談しながらご検討ください

 

必要金額と期間が決まったら収入保障保険に加入しよう

 

必要金額と期間は決まったけど、収入保障保険の内容を詳しく聞いてなかったから教えて下さい。

収入保障保険とは、加入者に万が一のことがあった場合「保険金受取人の口座に設定保険金額が毎月振り込まれる保険」です

遺族年金にプラスされる生命保険と考えて頂ければわかりやすいと思います

 

シンプルでわかりやすいですね。

保険金額10万円で30歳から20年間で加入しようと思うんだけど、保険料はどのくらい?

おすすめの保険会社はありますか?

保険会社によって保険料は若干違いはありますが、男性、保険金額10万円、30歳から20年間で月々2,000円以内で加入できる所がほとんどです

タバコを吸っていない方なら割引のある保険会社もありますので、非喫煙者の方は割引のある保険会社で加入して下さい。

 

高度障害状態になった時点で保険金が受け取れる?

 

そんなに安い保険料で入れるんですね!

タバコ吸ってないので割引のある会社を探して加入します!

これで自分に万が一のことがあっても安心だ。

 

加入してご安心していただく前に、一つだけ必ず覚えて頂きたいことがあります

生命保険は亡くなった時だけではなく、「高度障害状態」になった時点で保険金を受け取れます。

こちらも請求しないと受け取れないので、必ず覚えて下さい

実際に、

高度障害状態になって請求すれば保険金を受け取れたにもかかわらず
現状の生活費を捻出するために生命保険を解約してしまい
その後亡くなってしまった

という最悪の実例もあります

高度障害状態とは

  • 両目の視力を全く永久に失ったもの
  • 言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの
  • 中枢神経系・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの
  • 両上肢とも手関節以上で失ったか、またはその用を全く永久に失ったもの
  • 両下肢とも足関節以上で失ったか、またはその用を全く永久に失ったもの
  • 1上肢を手関節以上で失い、かつ1下肢を足関節以上で失ったか、またはその用を全く永久に失ったもの
  • 1上肢の用を全く永久に失い、かつ1下肢を足関節以上で失ったもの

後で後悔をしないように、障害状態になった場合は病院の先生に高度障害状態に該当するかどうかの確認と保険会社へ請求書類の問い合わせを忘れずにしましょう

 

まとめ

以上のことからまとめますと

遺族年金額から足りない金額を月額で算定する
いつまでもらい続けるか期間を決める
タバコを吸ってない方は割引のある会社で加入する
高度障害状態の要件を覚えて万が一の時に請求できるように備える
結論:収入保障保険は安い保険料で加入できるのでおすすめ

もちろん十分な貯金や資産をお持ちの方は収入保障保険すら必要ないかもしれませんが

一般的な家庭であれば生命保険は収入保障保険だけ、という選択肢も取れるはずです

そうすれば現在加入している生命保険料を確実に減らせます

 

この記事が生命保険を考えるきっかけになれれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント