事故後の自動車保険の等級制度を解説します【裏技あり】

自動車保険

先日交通事故を起こしてしまったんです。

等級が下がると保険料が上がるって聞いたので、どのくらい保険料が上がるのか心配になってたんです。

 

この記事では、等級とは何かという基本的なところから、等級が下がる事故と下がらない事故の違いや

どのくらい保険料が上がってしまうのかという所まで解説します

 

 

今回は私がメインで代理店活動している、損害保険の中の自動車保険の記事です

ツイッターで日々のブログの更新情報などをつぶやいているので、もしよろしければフォローよろしくお願い致します^ ^

 

スポンサーリンク

【事故を起こしてしまった!】自動車保険の等級制度を解説します!

 

等級制度が良くわらないので教えてください

自動車保険の等級制度とは

等級制度

契約者(記名被保険者)の事故歴に応じて、保険料を割引したり、割増する制度。
下記表のように1等級〜20等級まであります

 

等級無事故係数の割引率事故有係数の割引率
1等級64%割増
2等級28%割増
3等級12%割増
4等級2%割引
5等級13%割引
6等級(スタート)19%割引
7等級30%割引20%割引
8等級40%割引21%割引
9等級43%割引22%割引
10等級45%割引23%割引
11等級47%割引25%割引
12等級48%割引27%割引
13等級49%割引29%割引
14等級50%割引31%割引
15等級51%割引33%割引
16等級52%割引36%割引
17等級53%割引38%割引
18等級54%割引40%割引
19等級55%割引42%割引
20等級63%割引44%割引

 

6等級、もしくは7等級からスタート

新規で自動車保険に加入した時には、6等級からスタートします

そこから無事故で有る限り、1年ごとに1等級ずつ上がっていき、最大20等級の63%割引になります。

 

また、同居のご家族に、11等級以上の自動車保険契約(同じ保険会社でなくても良い)がある場合

セカンドカー割引を利用して7等級からスタートする事もできます

 

事故の種類によって下がる等級数が変わる

保険を使用すれば、必ず等級が下がる訳ではありません。

ノーカウント事故

・人身傷害保険
・搭乗者傷害保険
・各種特約
・ロードサービス
・自賠責保険の範囲内
※こちらのみ使用の場合は等級は下がらない

 

1等級ダウン事故

車両保険の
・火災または爆発
・盗難
・台風・竜巻・洪水または高潮
・落書き・いたずら
・飛び石
ノーカウント事故および1等級ダウン事故に該当しない事故

事故有係数期間が保険料が高くなる原因

等級がダウンすると、同じ年数に事故有係数期間が設けられ、通常の等級割引率より低くなる
20等級で3等級ダウン事故があった場合
現在1年後2年後3年後4年後
無事故係数20等級
(事故有0年)
20等級
(事故有0年)
事故有係数17等級
(事故有3年)
18等級
(事故有2年)
19等級
(事故有1年)
3等級ダウン事故だと、事故有係数期間が3年となり、
3年間は事故有係数の割引率が適用される
無事故係数の割引率事故有り係数の割引率
17等級53%割引38%割引
18等級54%割引40%割引
19等級55%割引42%割引
20等級63%割引44%割引

割引率の流れと保険料の推移

20等級で3等級ダウン事故があった場合
現在1年後2年後3年後4年後
割引率20等級
(63%割引)
17等級
(38%割引)
18等級
(40%割引)
19等級
(42%割引)
20等級
(63%割引)
年間保険料58,680円94,300円91,450円88,610円58,680円
※車種や年齢、免許の色等で、保険料の上がり幅は変わってきますので、目安と思ってください
保険使用なしの場合
58,680円 × 4年間=234,720円
保険使用の場合
58,680円 + 94,300円 + 91,450円 + 88,610円 + 58,680円=391,720円
差額
391,720円 – 234,720円 = 157,000円
10万円の損害であれば、保険を使わない方が良いですよ?
と言われた事がある方は、おそらく同じくらいの上がり幅だったのだと思います

保険使用でも実質上がり幅をゼロにする裏技

 

先日の事故は、僕が止まりきれなくて追突しちゃったんです!

そこまでの衝撃では、なかったんですけど相手の修理費用が15万円くらいだそうで、保険使った方がいいですか?

僕は車両保険には入ってるんですけど、バンパーが少し凹んだくらいなので、少しかっこ悪いけど、そのまま乗ろうと思ってます。

 

そのパターンであれば、保険を使用した方が良いと思います

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

車両保険に加入していれば、

修理をしなくても保険金を受け取る事ができます
対物賠償保険で15万円を支払えば、3等級ダウンで
約15万円保険料が上がるとします
自分の車は、修理しなくても大丈夫なのであれば
修理工場で修繕見積もりを出してもらって、保険会社へ渡し
「今忙しくて修理出来ないので、先にこの修繕見積もりの金額を下さい」
とお伝えいただけれ、現金で受け取れます
相手が15万円くらいかかっているのなら
自身の修理費用も、それくらいかかっている事が多いです
どうしても、直さないのに修理工場から見積もりを貰うのが心苦しいという方は
保険会社のアジャスターに、現車をみて修理見積もりの算定をしてもらうよう
お願いしてみるといいでしょう
修理工場の見積もりより、若干目減りする可能性はありますが
おそらく、15万円くらいの修理金額の算定は、してくれると思います
結果的に3等級ダウン事故で、15万円程保険料が上がる見込みのところ
現金で15万円受け取れています
これを上がる保険料にあてれば、
保険を使用しているのに、実質上がり幅をゼロに出来ています
※この裏技は、車両保険の事故負担額がゼロの場合に使えます

事故後の自動車保険の等級制度を解説します【まとめ】

 

そんな裏技あったんですね!

もうすぐ買い換えようと思ってた所なんで、修理しないで現金でもらっちゃいます!

 

自動車保険は等級制度のおかげで、使用すると保険料が高くなってしまいます

ですので、使い方にも少し工夫をしていかなければいけません

 

 

今回はルールに沿った、裏技のご紹介です

グレーな方法も色々ありますが、今回は伏せておきます

 

 

代理店で加入されている方は、事故時に色々相談してみると

教えてくれるかもしれませんよ^ ^

 

 

当ブログでは保険の記事をメインに運営しております

もしご興味を持って頂けた方は下記から、別の記事にも寄って頂ければ嬉しいです^ ^

 

こちらから→ 記事一覧

コメント