この亀裂が地震保険で一部損?まだ請求していない方でも間に合います

火災保険

こないだ僕が住んでいる地域で大きい地震があって、友達の家は見た感じ損害がないのに、地震保険がおりたっていってたんだけど、どういう事?

僕の家も修理が必要な損害はないけど、地震保険もらえる可能性はあるの?

 

この記事を読んで頂くと、地震保険の支払い基準請求方法請求にあたっての注意点がわかります

 

 

今回は私がメインで代理店活動している、損害保険の中の地震保険の記事です

ツイッターで日々のブログの更新情報などをつぶやいているので、もしよろしければフォローよろしくお願い致します^ ^

 

スポンサーリンク

地震保険の支払い基準の一部損とは?

 

友達の家は一部損で50万円おりたっていってたけど、一部損ってなに?

 

地震保険とは、地震・津波・噴火が原因で建物や家財に損害があった場合に、損害の程度によって保険金を支払う保険です
 建物の損害の程度保険金
全損建物主要部分の損害が時価額の50%以上

焼失・流失した部分が延床面積の70%以上

地震保険金額の

100%

大半損建物主要部分の損害が時価額の40%以上50%未満

焼失・流失した部分が延床面積の50%以上70%未満

地震保険金額の

60%

小半損建物主要部分の損害が時価額の20%以上40%未満

焼失・流失した部分が延床面積の20%以上50%未満

地震保険金額の

30%

一部損建物主要部分の損害が時価額の3%以上20%未満

床上浸水または地盤面から45cmを超える浸水

地震保険金額の

5%

※建物主要部分=軸組・基礎・屋根・外壁

 

上記表の通り、地震保険の支払い方は、「全損」「大半損」「小半損」「一部損」の4通りあり

 

一部損に該当する方の、地震保険のもらい忘れが非常に多いです

 

その原因として考えられるのは

・修理を要するような損害じゃなくても一部損になる

・地震保険の損害の程度の表記がわかりずらい

といのが、あげられます

家財にも地震保険に加入している方

損害の程度保険金
全損家財全体の時価額の80%以上地震保険金の100%
大半損家財全体の時価額の60%以上80%未満地震保険金の60%
小半損家財全体の時価額の30%以上60%未満地震保険金の30%
一部損家財全体の時価額の10%以上30%未満地震保険金の5%

 

地震保険の請求方法

 

それじゃ、僕の家も一部損の可能性があるってことですね。

建物と家財は、それぞれどういった損害の時に請求したらいいの?

建物の場合

大きめの地震があり、建物は倒壊はせず無事であった場合でも、基礎や外壁に亀裂が入る事があります

もともと入っていた亀裂であっても、今回の地震によって亀裂が広がった可能性があるので、損害査定の対象になります

 

その亀裂の本数や長さで、「地震保険の鑑定人」が一部損になるか査定します

ですので、心当たりのある方は

基礎と外壁をじっくり見て、少しでも亀裂が入っていたら

 

保険会社に連絡して、鑑定人に見てもらって下さい

 

一部損になるかは、その場で教えて貰えるので、地震保険に1,000万円加入しているのであれば

5%の50万円が保険金として受け取れることになります

 

地震時に地震保険に加入していれば、数年後でも請求は可能です

 

経験上、4年前の地震の損害を支払った事がありますが

それ以上になると亀裂自体が、その地震が原因なのか特定できない可能性がありますので、心当たりのある方は

 

なるべく早く、請求することをお勧めします

 

家財の場合

家財の場合は、どれだけの種類の家財が倒れたかで損害の程度の認定をします

 

分類代表品目最大
食器陶器類食器、陶器置物、食料品、調理器具他1%5%
電気器具類電子レンジ、パソコン、テレビ、冷蔵庫他2.5%20%
家具類食器棚、タンス、机、椅子他4%20%
身回品その他カメラ、書籍、カバン、レジャー用品他2.5%25%
衣類寝具類衣類、寝具15%30%

 

家財地震保険の一部損→家財全体の時価額の10%以上30%未満です

 

上記表のパーセントを当てはめて頂ければ、損害の程度の判定ができます

例えば

 

食器棚(4%)が倒れて、食器(1%)が割れた

テレビ(2.5%)が倒れて、デスクトップパソコン(2.5%)と椅子(4%)も倒れ

本棚から本(2.5%)が落ちた

※倒れた事が損害に該当するので、壊れたかは関係ない

 

4%+1%+2.5%+2.5%+4%+2.5%=16.5%

 

一部損の10%以上30%未満に該当するので

 

地震保険に500万円加入している場合、5%25万円の保険金を受け取れます

 

家財の場合、写真を取って置くのが間違いはないのですが

 

鑑定人に口頭で申告でも対象になります

 

実際に私のお客様で、地震から1年半後に家財の倒れた状況を申告して一部損になった方もいますので

 

保険会社に連絡して鑑定人に、何が倒れたかなどの、当時の状況を申告してみてください

 

受け取った地震保険金は、非課税で申告不要なので、ご安心ください^ ^

【結論】地震保険はあとから請求しても、一部損になる事があるので、必ず請求しましょう

 

基礎部分に亀裂があったので、早速保険会社に連絡してみます!

家財に関しても写真はないけど、鑑定人の方に申告してみますね!

身近に被災されている方がいる中、ちょっとした亀裂で、申請するのも気が引けるという方も

多数いらっしゃると思います

しかし

 

地震保険料を支払っている以上、保険金を受け取る権利はありますので、心当たりのある方は、必ず保険会社に連絡してください^ ^

 

地震保険の詳しい解説は下記記事で詳しく解説しておりますのでぜひ参照ください^ ^

 

この記事が地震保険を考えるきっかけになって頂けたら幸いです

 

当ブログでは保険の記事をメインに運営しております

もしご興味を持って頂けた方は下記から、別の記事にも寄って頂ければ嬉しいです^ ^

 

こちらから→ 記事一覧

 

 

コメント