差額ベット代を理由に医療保険を勧める保険屋には気をつけよう!

入院保険

先日、医療保険を勧められて、差額ベット代の事を考えたら日額1万円必要って言われて、日額5千円と迷っていた所なんです

 

この記事を読んで頂くと、差額ベット代は希望しなければ費用は発生しないという事実と

差額ベット代を理由に医療保険を勧めている保険営業は、お客様の事を第一に考えていないという理由がわかります

 

 

ツイッターで日々のブログの更新情報などをつぶやいているので、もしよろしければフォローよろしくお願い致します^ ^

 

スポンサーリンク

差額ベット代が掛かるから医療保険が日額1万円必要って本当?

 

保険屋さんがパンフレットで、こんな表を見せてくれたんです。

ですので、やっぱり必要なのかなって思ってまして。

公的保険ではカバーされない自己負担額

治療費差額ベット代食費日用品代等
約1日あたり2,700円6,155円1,380円+α

 

入院日数による自己負担額の平均額

5日未満5〜7日8〜14日15〜30日31〜60日61日以上
10万円13万円23万円25万円48万円59万円

※治療費、食事代、差額ベット代に加え、交通費、衣類、日用品を含む

 

保険会社のパンフレットには、差額ベット代は必ず掛かるものだと勘違いしてしまうような、表やグラフで埋め尽くされています

 

そして保険営業は

「差額ベット代が掛かることがある」

とは説明はするが、

差額ベット代は自分が希望しない限り費用はかからない」

と説明する事は無いでしょう

 

そう言ってしまうと、パンフレットの表やグラフとの矛盾が生じてしまうからです

 

差額ベット代が掛かる場合

 

差額ベット室に入院を希望する患者さんに、差額ベット室の設備、構造、料金などを明確に説明し、患者さん側の同意を得た場合

 

病院によっては、入院時に「書類に目を通して署名して下さい」とだけ言って渡された書類に、「差額ベット代の支払いに同意する」という書類が、混ざっている事があります

 

希望しない場合は

「差額ベット代の支払いに同意しないので署名できない」と伝え、署名をしないようにしましょう

 

病院側が患者に差額ベット代を請求してはいけない場合

 

患者側から同意書による同意の確認を行なっていない場合
  • 口頭での説明がなく、「こちらに署名して下さい」というような対応では、差額ベット代を患者に請求できません

 

治療上の必要により、差額ベット室に入院した場合
  • 救急患者、術後患者等であって、病状が重篤なため安静を必要とする場合
  • 常時監視を要し、適時適切な看護および介護が必要な場合
  • 免疫が低下し、感染症に罹患する恐れがある場合
  • 集中治療の実施、著しい身体的・精神的苦痛を緩和する必要のある終末期の患者の場合

 

病院の都合上から差額ベット室に入院させた場合であって、患者側の選択ではない場合
  • 差額ベット室以外の病室が満床である為、差額ベット室に入院させた患者の場合
  • MRSA等に感染している患者で、主治医等が他の入院患者の院内感染を防止する為であって、患者の選択ではない場合

 

患者側の立場としては

希望しない場合は、同意書の内容をしっかり確認してから署名をする事が大事です

 

差額ベット代を希望していないのに同意書に署名をしてしまった場合の対処法

救急搬送で入院し、たくさんの書類に紛れて、よくわからず差額ベット代の同意書にも署名してしまった

という事は実際にあります

 

そういった場合でも支払ってしまった差額ベット代を、返還してもらえる場合があります

厚生労働省

「実質的に患者の選択によらない場合」に該当するか否かは、患者又は医療機関から事情を聴取した上で判断する

 

説明を受けずに署名した場合や、病院都合なのに署名を依頼された場合など、差額ベット代の支払いに納得の行かない場合は

各都道府県にある、地方厚生局に連絡し相談する事をおすすめします

 

差額ベット代を理由に医療保険を勧める保険屋が、お客様第一主義ではない理由

 

私は病気になった時に、あえてお金のかかる差額ベット室に入院したいとは思いません。

金額を見て不安になったので、医療保険はたくさん加入しないといけないと感じてしまいました。

本来、お客様を第一に考えるのであれば、希望しない限り差額ベット代が掛からない事を説明してからお客様の意思を確認し、パンフレットの表やグラフを見せるべきです

 

もし営業がその事実を知らなければ、ただの勉強不足であり、信頼性にかけると思いますし

知っているにも関わらず、お客様が入院時に差額ベット室を希望するか確認せず、不安を煽るのなら悪質です

そういう営業は、お客様より自分の手数料が大事と考えている可能性が高いです

どちらにせよ

「差額ベット代が掛かるから医療保険はこれだけ必要」というように、医療保険を勧めてくる保険屋からは距離を置く事をお勧めします

 

そもそも私は、医療保険をお勧めしていません。詳しくは下記記事で書いていますので参照ください^ ^

 

差額ベット代が掛かるから医療保険は必要なのか?【まとめ】

以上の事からまとめますと

保険会社のパンフレットは差額ベット代を前提にしている
差額ベット代は患者が希望しない限り費用は発生しない
万が一同意書に署名をしてしまった場合は、地方厚生局へ相談
結論:差額ベット代を理由に医療保険を勧める保険屋は、信用しない方が良い

 

この記事が、医療保険を考えるきっかけになっていただけたら幸いです

 

当ブログでは保険の記事をメインに運営しております

もしご興味を持って頂けた方は下記から、別の記事にも寄って頂ければ嬉しいです^ ^

 

こちらから→ 記事一覧

 

コメント