雨漏り被害が火災保険の対象?台風等が原因の場合は可能性あります!

火災保険

雨漏りでも火災保険は出るの?

可能性があるって事は、必ず出るわけではないの?

 

火災保険は「何が原因で損害が出たか」が一番重要です

この記事を読んで頂くと、損をしない火災保険の請求方法がわかります

 

 

今回は私がメインで代理店活動している、損害保険の中の火災保険の記事です

ツイッターで日々のブログの更新情報などをつぶやいているので、もしよろしければフォローよろしくお願い致します^ ^

 

スポンサーリンク

雨漏り被害を火災保険で修理するには?

 

以前、雨漏りがあって保険会社に請求をしたら、対象外と言われました。

板金屋さんに聞いても、外から見ただけでは分からないと言われたので、保険会社には原因は解らないと伝えました。

 

火災保険の請求は、損害の「結果」ではなく原因」が重要になってきます

結果→雨漏り
原因→不明

 

火災保険では、老朽化虫食い等の損害は対象外になっており、原因が解らない以上、老朽化と判断し対象外になります

 

外からの風で屋根がめくれたり物が飛んできて穴が空いたり雪の重みで亀裂が入るなどの外的要因がある時に、火災保険が対象になると判断して、保険会社が支払いに動き出します

ですので

 

原因がどこにあるかをしっかり特定した上で、保険会社に請求をする必要があります

 

雨漏り被害の原因を見つけて火災保険を請求する方法

 

でも自分は専門家ではないから「原因」なんて見つけられないよ!

そういう時はどうすればいいの?

方法

修繕業者に修繕見積もり雨漏りの原因箇所の特定を依頼する。一緒に原因箇所の写真を依頼する。

なるべく火災保険請求の見積もり経験がある業者さんに、依頼することが重要です

火災保険の請求経験が少ない業者さんだと、本来請求できる様な損害を見逃してしまうことがあるからです

写真で見てもわかる程度の、何かしらの外的要因で、外れていたり、潰れていたりする箇所があれば、対象になる可能性は高いです

 

修理業者さんに依頼する際は、雨漏りの原因なりえる、外的要因の損害箇所の写真を取って貰うよう、伝えて下さい

 

火災保険の請求時に頼りになる修繕業者の探し方

 

火災保険の見積もり経験が豊富な業者なんて付き合いないし、どうやって探せばいいの?

 

保険金受け取りの可能性を一番高めるには、保険代理店レベルの火災保険の知識を持った修理業者さんが理想です

その保険代理店レベルの火災保険の知識を持った修理業者さんというのが「お家のドクター .com」です

 

お家のドクター.com

火災保険請求の知識を持った専門の調査員が、無料で見積もり作成、保険会社の申請までしてくれる
年間1,000件の申請実績と豊富な申請経験を生かし、適切な被害状況を特定することができるので、保険金受け取りの可能性が非常に高い
保険が対象にならない場合でも、調査費用は無料
全国対応

 

火災保険は未請求が一番多い保険です

その原因は「契約者が対象にならないと自己判断し、保険金を請求しない」事です

火災保険に関しては補償範囲が非常に広いので、必ずプロに判断をして貰うことが必要です

 

現在、雨漏りや台風被害でお困りの方は こちらから↓

 

【結論】台風等が原因であれば、雨漏り被害は対象になる可能性がある

 

自分で原因箇所を特定できない場合は、お金もかからない様なので、お家のドクター.comさんにお願いした方が良さそうですね。

雨漏り被害は、台風が原因で屋根の一部が破損し、そこから雨水が入ってきている場合は対象になります

しかし、素人判断では原因箇所を特定できない場合がほとんどで

保険会社に連絡をしてみたが、電話口で対象外と言われてしまった、という事例は多いです

 

「原因の特定」→「保険金請求」

 

という、流れで保険金請求をすれば、本当は保険金を受け取れたのに、受け取らなかったという事にはならないと思います

 

火災保険の補償範囲は非常に広く、自己判断で対象にならないと思い込み、請求を忘れてしまう方が本当に多いです

火災保険の補償範囲については、下記記事で詳しく解説しています

 

 

私が一番大事だと思う事は、

家に関して何かあったら、対象になるかを代理店や保険会社に確認し、火災保険請求の経験豊富な修繕業者さんに原因特定を依頼すること

 

そうすれば、火災保険の貰い忘れは無くなると思います

 

お困りの際は「お家のドクター.com」を利用してみて下さい

 

 

 

この記事が火災保険を考えるきっかけになって頂けたら幸いです

 

当ブログでは保険の記事をメインに運営しております

もしご興味を持って頂けた方は下記から、別の記事にも寄って頂ければ嬉しいです^ ^

 

こちらから→ 記事一覧

コメント