成年後見制度による悲劇!欠陥だらけの制度に騙されるな!!

成年後見制度

2025年には人口の3分の1が65歳以上という超高齢化社会になっていきます

その中で5人に1人が認知症になると言われています

何を隠そう、要介護認定の1番の原因は認知症です

超高齢化社会を見越して、2000年に介護保険と一緒に制定された成年後見制度によって、とんでもない被害を被っている方が全国で多数いらっしゃいます

現状の成年後見制度を何の知識もなく利用してしまうと、金銭的にも精神的にも多大なる被害を被る可能性が高いです

成年後見制度の内容を知っておく事で、成年後見制度に苦しめられる方が一人でもいなくなれば、という想いで記事を書きました

 

スポンサーリンク

成年後見制度とは?

成年後見制度って聞いた事あるけど、よくわからないです。

色々と問題があるという話も聞いたことありますが。

成年後見制度

認知症などで判断能力が十分でなくなった人の社会活動を手助けし、本人の生活の質と満足度を高める事を目的に作られた制度
  • 成年後見人が銀行で代わりに手続きをしてくれる
  • 成年後見人のサポートにより自分の家で生活を続ける事になった
  • 詐欺のような契約をしてしまった時に成年後見人がその契約を取り消してくれる

主な役割は、本人の財産を守る「財産管理」平穏な生活を送れるようにサポートする「身上保護」です

成年後見制度には大きく分けて「任意後見」「法定後見」の二つがあります

任意後見

判断能力がある内に、信頼できる人や法人を認知症になった時の後見人として契約を交わします。本人が認知症と判断した時に家庭裁判所に任意後見人を開始したいと申し立てをすると、任意後見人の活動を支えるために、任意監督人(弁護士、司法書士など)を選任される。
「本人の意思に基づく」という観点からは、任意後見は成年後見制度の基本形と言われています

法定後見

認知症などで判断能力が十分ではなくなってしまった後で、4親等以内の親族自治体首長の家庭裁判所への申し立てにより家庭裁判所の職権により後見人を選任します

認知症などの症状の重い順に「後見」「保佐」「補助」の3種類があり、それぞれに「成年後見人」「保佐人」「補助人」という後見人が付けられます

成年後見人

子供の名前もわからない状態の方につく後見人です。成年後見人がつくと、スーパーなどでの日常の買い物以外の経済行為、法律行為は成年後見人が代理するなど、実質的に被後見人は無能力者扱いされ大幅に権利を制限される

保佐人

1万円札と5千円札の区別が付かない程度の方につく後見人です。自分で出来ることや意思能力は相当残っていますので、成年後見に比べると、本人の自主性を発揮できる余地は残っていますが、被保佐人になると、会社の取締役になれず、公務員や医師の資格を失うなどの権利を制限される

補助人

出来ない事もある反面、できる事も多いので、本人意思が尊重されるサポートが可能。家庭裁判所が職権で補助人を選任することは出来ず、補助人をつけるには本人の了解が必要
必ず申し立てをした親族が成年後見人に選ばれるわけではなく、生活保護などの報酬を払えないような状況以外は基本的に職業後見人と言われる弁護士司法書士が選ばれるようになっています

人を助けるための制度が逆に人を苦しめる異常事態

認知症になった人を助けてくれる良い制度に感じるけど、どこが問題あるの?

表向きは認知症の方を助けてくれる良い制度のように聞こえますが、冷静に考えるとほとんどの家庭で必要のない制度です

必要と思えるパターンとしては

資産家の親が認知症にかかり、長男が親の資産を散財し出した、次男はこれを止めるために後見人の選任の申し立てをした
これで年間の職業後見人への報酬は年間24万円〜72万円ほどです
想像してみてください
「私が家庭裁判所から選任されたあなたのお母さんの後見人です。もうあなたのお母さんには自分の財産を動かす権利はありません」
「家庭裁判所で決められた年間72万円の報酬をお母さんの財産からいただきます」
「生活費の10万円は支給しますから、足りない分は同居のご家族で補ってください」
せっかく貯金していたお金を自由に使うこともできずに、挙句の果てに見ず知らずの職業後見人に年間24万円〜72万円を持っていかれる
悲しい事に、これが成年後見制度の現実なのです
成年後見制度を利用した方のほとんどがこう仰っています
「こんな事なら利用しなければ良かった」
多くの場合、不動産売却時や老人ホームに入所するときに、後見人が必要と言われたため、法定後見の申し立てをし、その結果、成年後見人として弁護士や司法書士が選任され、そこから地獄の始まりとなります
一度成年後見制度利用したら最後、死ぬまで報酬を払い続ける不思議な制度なのです

 

悪質な職業後見人

職業後見人の多くは、本来の後見人の役割の、「身上保護」を全くせず、年に1回、家庭裁判所に後見事務の報告書を提出するだけというケースがほとんど

その上、年間24万円〜72万円の報酬を被後見人の口座から取っていきます

家庭裁判所の下請けのような職業後見人には、本来の業務では食えない弁護士や司法書士が多く群がっているようです

そもそも、福祉の知識もなければ、被後見人に会って話もしないような職業後見人に、本来の目的の平穏な生活を送れるようにサポートする「身上保護」を全う出来るはずがないのです

しかし現在の成年後見人制度では、

「何もしない」という理由だけで職業後見人を辞めさせる事が出来ない不思議な仕組みになっています

 

成年後見制度の餌食にならない為の対処法

詐欺から守る為にって、自分たちが詐欺みたいな事してる…怖い…。

もし自分の親が認知症になってしまって、私の家で同居する事になった為に実家を売却する時には後見人が必要ってこと?

何かこの地獄から逃れる方法はないの?

もちろん方法はあります^ ^

任意後見制度の活用

認知症になってから申し立てする法定後見では、職業後見人が選任されてしまうので、認知症になる前に任意後見制度を利用して、事前に親族を選任しておく

双方が最寄りの公証役場に行き公正証書を作成します

費用は15,000円程で作成できます

認知症になった時に家庭裁判所に任意後見契約を開始すると、金融資産を一定以上(東京都は500万円以上)ある場合には家庭裁判所が親族後見人の横領防止を口実に、後見監督人をつけてきます

後見監督人は年に一度、家庭裁判所に業務報告と報酬付与の申し立てを行い、家庭裁判所は24万円〜36万円の報酬を決めます

そしてその監督人は親族後見人に報酬の請求をしてきます

そこで、注意いただきたい事があるのですが

被後見人は監督人に報酬を支払う法的義務を負っていませんので支払わないで下さい

やっていることは、振込詐欺と一緒です。

完全に無視で問題ないです

ただ家庭裁判所が決めたことだと言われると、払わなければいけないと思い払ってしまう気持ちは痛いほどわかります

振込詐欺集団だと思って対応することを忘れないで下さい

 

成年後見制度自体利用しない

金融機関での取引や不動産取引、施設入所契約で後見人を必要と言われる事がありますが、本来は後見人をつけなくても良い方法はあります
  1. 後から取引や契約に異論を唱えないという旨を家族の念書を提出するなどして交渉すれば、ほとんどの場合応じてくれます
  2. それでもダメなら、不動産取引や施設入所契約の場合は別の所に行って交渉
  3. 銀行の定期預金の解約などは、戦う姿勢を見せるしかなく「取引の意思表示が無効かどうか決めるのは裁判であり、銀行員が決めることではない。後見開始の審判は出ていないのに取引に応じない不作為に対し、訴訟を起こす」と言えば折れてくる場合があります
  4. それでもダメなら諦めます
見ず知らずの後見人に年間24万円〜72万円の報酬を死ぬまで払い続けるよりも、定期預金はそのままにしている方がマシです

自治体や弁護士に相談すると、無責任に取引の為には成年後見人が必要だと言ってきますので相談するだけ無駄です

成年後見人として職業後見人がついてしまうと、地獄の始まりだという事を忘れないで下さい

 

成年後見制度のまとめ

以上の事からまとめますと

成年後見制度が必要な家庭は限られている
利用する場合は任意後見制度
後見人を必要だと言われても信用してはいけない
何もしない職業後見人は報酬泥棒
監督人は振込詐欺
結論:成年後見制度は欠陥だらけの制度であり必要ない

全国には何十万人と、弁護士、司法書士が後見人になっています

今の成年後見制度で報酬を支払い続け、満足をしている方の割合はかなり低いんじゃないかと思います

今回の記事では詳しくかけませんでしたが、下記の本では成年後見制度の悲劇の実態を実例にそって生々しく書かれています

私は怒りを抑えながら、なんとか読み終えました

この恐ろしい実態を多くの方に知っていただき、欠陥だらけの成年後見制度の被害者が一人でも減っていただけたらと思います

 

この記事が成年後見制度を考えるきっかけになっていただけたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

  1. maru より:

    よくここまで研究されましたね!全く正解です!私は母が区役所に拉致監禁されて2年になります。未だに行方不明です。成年後見制度の悪用で、連れて行かれたままです。何処にいるのか、何をされているのか、かいもくわかりません。それなのに後見人弁護士なる者が報酬を取って通帳を握ったままです。人さらいして報酬を貰う弁護士。親はどこへやった⁉️