抗がん剤は毒薬!?人生を左右するセカンドオピニオン活用方法

セカンドオピニオン

私は万が一がんと診断され、手術、抗がん剤治療を勧められた場合は、病院を変える前提でセカンドオピニオンを利用して自分の求める治療をできる病院を探します

事前に決めておかない限り、突然がんと診断されて、冷静な判断をできる方はそうそういないでしょう

当然のように担当医に言われるがまま治療を行う方がほとんどです

本当にそれでいいのでしょうか?

セカンドオピニオンの概要から必要性まで学んでいきましょう

スポンサーリンク

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンって担当医を変える事でしたっけ?

転院とは何が違うの?

セカンドオピニオン

患者にとって最善だと思える治療を患者と担当医の間で判断するために、別の医師の意見を聞く事
医師や医療機関によって患者に提供すべきと考える治療は同じとは限りませんし、病院によって提供できる医療内容に限界がある場合もあります

他の医師の意見を聞く事によって、自分の選ぶ治療がどのようなメリット・デメリットがあるかを多角的に知る事により、納得のいく治療の選択をできるようにするのが目的です

もちろん結果的に転院を検討することもあります

セカンドオピニオンの流れ

セカンドオピニオンって転院が目的ってわけじゃなくて納得いく選択をするためなんだね!

でもセカンドオピニオンを受けるのって担当医を信頼してないみたいで言いにくい気がするんだけど。

セカンドオピニオンを受けるには担当医が作成する紹介状(診療情報提供書)レントゲン写真などの検査データが必要になるので、担当医に必ず伝える必要があります

もし言いにくいのであれば、こう伝えてみてください

「治療を決める前に出来るだけたくさんの情報を集めて、自分で納得して治療を受けたいので○○病院でセカンドオピニオンを受けてきたいと思ってますので、必要な書類お願いできますか?」

中には、嫌な顔をする医者もいるようですが、ほとんどの医者は快く引き受けてくれるでしょう

セカンドオピニオンの流れ

  1. 別の治療法がないか情報収集
  2. セカンドオピニオンを受ける病院を決める
  3. 担当医に必要書類の依頼
  4. セカンドオピニオンを受ける病院へ
  5. セカンドオピニオンの結果を担当医に報告
  6. 転院する場合は申し出る

セカンドオピニオンの費用は?

紹介状を出してもらう費用セカンドオピニオンを受ける病院の費用の2つが掛かります

紹介状…5,000円に対する保険負担分
セカンドオピニオン…病院によって料金設定が異なり、30分〜1時間で3万円前後

私がセカンドオピニオンを受ける場合はこうします

セカンドオピニオンの概要はわかったけど、最初の担当医の話で納得したら必要ないよね?費用もかかるし。

医療知識ない素人では担当医の言ってる事に納得するしかないと思うけど。

セカンドオピニオンの利用率は約30%です。この利用率の低さの原因がまさに

患者側の医療に対しての知識不足なのです

私がセカンドオピニオンを受けるのならこの2箇所

陽子線治療

先進医療の一種で陽子線治療の出来る施設は限られていますので、自分でセカンドオピニオンを利用しないと、陽子線治療にはたどり着けません
陽子線治療まとめ
  • がん細胞だけに直接当てられる放射線の一種
  • 一般的ながん手術のようにメスを入れることがないので体への負担が軽い
  • 技術料は全額自己負担になり約300万円(先進医療の保険で払える)
  • 放射線治療を受けてしまってからだと受けられないので注意
  • 一部のがんに保険適用されているので、高額療養費制度を活用して安く受けられる

先進医療、陽子線治療については下記記事にてまとめていますので是非参照ください

まずは、こちらから住んでいる地域の近くの陽子線(重粒子線)治療の出来る施設を調べて問い合わせてください。

担当医が、必要ならば陽子線治療を勧めてくれると信じている方は、先進医療の保険に加入していても、一生陽子線治療を受けることはできないのです

近藤誠がん研究所セカンドオピニオン外来

私が必ずセカンドオピニオンを利用すると決心したきっかけは、近藤誠先生のこの著書を読んだからです

この本を読むことで

医療はビジネスである
なぜ日本では、がん患者が増え、がん死亡が増えているのか 
抗がん剤は毒薬である
手術によってがんが暴れ出し転移する
がん死亡のほとんどが、抗がん剤、手術の副作用が原因の死亡である
医者を信用してはいけない

と言うことが、よくわかります

もちろん、100%正しいとは言いませんが、この本に書かれていることは、知識として知っておかなければいけないと思います

がん治療の選択は人生を左右します。

必ずこの本を読んでいただき、家族にも教えて頂きたいと思います。後悔しないように。

セカンドオピニオン活用方法のまとめ

以上のことからまとめますと

セカンドオピニオンは担当医以外の医師の意見を聞くこと
事前に医療の知識を得ておくことが重要
陽子線治療の受けられる施設を事前に調べておく
近藤誠著書「医者の大罪」を読む
結論:人生を左右するがん治療は、セカンドオピニオンを活用して後悔しないように納得のいく治療を受けることが重要

この世の中は知らなければ損をする事ばかりです

医療に関しては、命を取られる可能性もある重要な選択にも関わらず、セカンドオピニオンの利用率が30%ほどというのは非常に残念です

「知ろうとしないのが素人だ」

宗像久男先生が仰ってました

色々な医療の知識を事前に持って、みなさんが万が一の時には後悔しない治療を選択出来ることを祈っております

 

この記事が医療を考えるきっかけになって頂けたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました 。

 

コメント