【自動車保険の正しい入り方】自動車保険の加入時に参考にして下さい

自動車保険

私は万が一の事故の際の事を考えると、プロ代理店での加入をおすすめしています。下記記事参照

しかしダイレクト型自動車保険の保険料の安さの魅力は大きいです
最低限の事故対応の知識と最低限必要な補償の知識があれば、ダイレクト自動車保険でも十分です
今回はここだけ押さえておけば、最低限間違いない補償内容を書いていきますので、ダイレクト型で加入する際の参考にしていただければと思います
スポンサーリンク

対人・対物

迷う事なく無制限で設定してください

人を死なせてしまった場合は数千万円の賠償は当たり前ですし

店舗に追突してしまった場合の修繕費や休業損害等で億単位の賠償だってありえます
数千万円単位の賠償の可能性がある以上、無制限以外の選択肢はありません

人身傷害

人身傷害は7,000万円〜無制限の間で設定してください

補償の概要

ご契約の自動車事故により、お客様ご自身およびご家族が亡くなった場合や怪我をした場合に、過失割合に関係なく保険金額を上限に逸失利益や治療費の補償を受けられる
※ご家族とは…配偶者、同居の親族、別居の未婚のお子様までの事をいいます

車外事故を対象にしてください

車外事故に設定すると
  • 他人の自動車に乗っている時の、ご自身およびご家族の怪我でも人身傷害が使える
  • 歩行中や自転車運転中に車とぶつかって、ご自身およびご家族が怪我をした時にも人身傷害が使える

人身傷害の良いところは、使用しても等級が下がらない事です

 

5日、入通院した時点で一時金を貰える特約をつけてください

この特約は保険会社によって名前が違って、搭乗者傷害だったり入通院定額給付金だったり変わります
この特約のメリットは
人身傷害での治療費実費以外に、5日入通院で10万円や20万円を一時金として受け取れる
この特約には以下の活用方法があります
自分の過失割合が1割〜2割で、修理費の支払いが10万円以内であれば、対物賠償を使わず一時金で払ってしまう
自分の過失が大きい場合は対物賠償を使用せざる負えず、等級が下がり保険料が上がってしまうが、保険料の上がり幅は更新後3年間で8万円〜12万円程度なので、一時金で賄える
ある程度スピードが出ている自動車事故では、むち打ちや打撲になるのは良くある事で、様子を見るためにも5日は必ず通院して保険金を受け取ってください
こちらも一時金を受け取るだけでは、等級に影響しないのでどんどん活用してください
車外事故を対象にしていれば歩行中の自動車との事故も一時金の対象になるので忘れずに^ ^
追突された時に相手保険会社からしか補償を受けられないと勘違いして、自分の保険会社に連絡せず、一時金を貰い損ねる
せっかく加入して保険料を払っているのに保険金を貰い損ねる事が無いようにしっかり覚えておきましょう^ ^

車両保険

ローンが残っている場合であれば車両保険はつけた方がいいです

車両保険に限っては、貯蓄状況やローン購入、年式や使用用途によって車両保険の必要性は様々ですので一概に全ての方が必要、不必要とは言えません。ですのでシンプルに

ローン残があるときは車両保険をつけて、ローンが無い場合はつけない
を目安にしていいかなと思います
一般条件車対車・限定危険(保険会社によって表記違いあり)の2種類があり
車両保険を付けない場合の保険料に比べ
一般条件では倍の保険料
車対車・限定危険では1、5倍の保険料

くらいになり、かなり保険料の差があります

事故例他の自動車との衝突盗難火災・台風など単独事故当て逃げ地震噴火津波
火災水没いたずら飛び石電柱に衝突動物と衝突転覆
一般条件✖️
車対車・限定危険✖️✖️✖️✖️✖️
運転に自信があるなら車対車・限定危険でも良いと思いますが、車両保険に加入するなら一般条件が無難だと思います
私の住んでいる田舎では、鹿にぶつかって修理費が70万円〜100万円かかることが、年に何件もありますので、地域によってのリスクも考えなければいけません
事故時の自己負担額を設定することにより保険料が安くなる
例)
自己負担額が10万円で、単独事故で修理費用50万円かかってしまった時には車両保険からは40万円支払われる
「10万円以下では保険を使わないし、修理費が高額になる事故の時だけ補償してもらえれば」
と言う方には、自己負担額の設定はおすすめです
自己負担額10万円で、年間数千円〜1万円ほど安くなります

特約

弁護士費用特約は必ず付けてください

追突された時などの被害者になった場合は、自分の加入している保険会社は示談交渉はしてくれず、自身で相手保険会社と示談交渉をする事になります

保険会社と交通事故に詳しくない被害者の方が示談交渉をすると、知識のない被害者が不利な示談をさせられる可能性が高く、実際に保険会社はそのように進めます
下記記事で示談について詳しく解説していますので是非参照ください
保険会社から自分を守るための弁護士費用を払ってくれる特約なので必須です

まとめ

以上のことからまとめますと
対人対物は無制限
人身傷害は7,000万円以上に設定
人身傷害は車外事故を対象にする
人身傷害の5日入通院で一時金を受け取れる特約をつける
車両保険はローンが残っている時は付けていた方が良い
弁護士費用特約は必ずつける
自動車保険は必要な補償を付けておかなければ、万が一の時に使い物にならない場合があります
このようなアドバイスを聞きながら保険に加入できるのも、プロ代理店で加入するメリットです
ですが皆さんはすでに代理店を必要としない程の最低限の知識はあると思います
安い自動車保険を探していた方は、最低限必要な補償をおさえながら、下記で探してみてください^ ^

この記事が自動車保険を考えるきっかけになっていただけたら幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント