賃貸仲介業者の火災保険は割高?火災保険の選び方と退去時の高額請求への対処法を考えよう

火災保険

賃貸で入居する時に火災保険の手続きを一緒にされている方も多いと思いますが

実は火災保険はどこで加入しても良いのです

そして仲介業者の火災保険は保険料が高めに設定されていることが多いです。

また退去時の高額請求トラブルが絶えません

なぜそのようなことになってるのでしょうか

目次にそってみていきましょう

 

スポンサーリンク

仲介業者の火災保険とは?

 

僕も仲介業者から火災保険入ったことあるんだけど、2万円くらいだったような気がしました。他で加入してもよかったんですね

でもなんで仲介業者の火災保険は高いんですか?

保険の販売代理店には大きく分けて2種類あります

  • 保険の販売を専業とする専業代理店(プロ代理店)
  • 不動産業者と保険販売を兼ねる副業代理店
副業代理店は保険の知識がなくお客様への細かい説明ができない傾向にあるので、保険会社は副業代理店が保険を販売しやすいように、特別にパッケージ商品を作っています。

そのパッケージ商品は副業代理店にも手数料のメリットがあるように保険料を高く設定しがちです

 

それって副業代理店と保険会社にメリットあるだけで、加入者に何もメリットないですね。

別で火災保険加入したらどれくらいなんですか?

賃貸用の火災保険は年間数千円で加入できるところが多いので、こちらからお見積もりしてみてください^ ^



 

借家人賠償責任特約とは?

 

他で火災保険に加入しようと思うんだけど、加入するときの注意点はあります?

賃貸物件の火災保険で必ず必要な特約で、借家人賠償責任特約という特約があります

簡単に説明すると

入居者の過失で偶然な事故で破損してしまった時の貸主への損害賠償金、訴訟費用、弁護士費用を支払ってくれます

例えば

火災を起こしてしまった
洗濯機の排水から水が溢れ水浸しにしてしまった
模様替えをしている時に家具をぶつけて壁に穴を開けてしまった
クローゼットのドアを壊してしまった

などの時に適用されます

かなり高額な賠償責任を負うこともありますので、加入漏れがないよう十分注意してください

また入居者が貸主に賠償責任があるが、借家人賠償責任特約で適用されない場合もあり

例えば

日常の清掃を怠ったために出来たシミやサビや腐食等
喫煙によるヤニ等でクロスが変色したり匂いが付着している
鍵の紛失
落書き

のような、偶然な事故での破損ではない損害は保険の対象外ですので、ご注意下さい

個人賠償責任特約とは?

もう一つおすすめしているのは個人賠償責任特約という特約があります

簡単に説明すると

日常生活で第三者へ法律上の賠償責任が発生した損害を支払ってくれます

賃貸物件の事故では、水濡れ事故を起こしてしまい下の階の方の家財道具に損害を与えてしまうのが多いです

また、この特約は同居のご家族と別居の未婚のお子様まで対象になり

  • 子供が自転車で通行人にぶつかり怪我をさせた
  • 子供がボール遊びをしていて駐車中の車を傷つけてしまった
  • お店の商品を誤って壊してしまった
  • ペットの散歩中に、他人に噛み付いて怪我をさせてしまった

などの賠償も対象になりますので、おすすめです

保険金請求時の注意点

 

借家人賠償は偶然な事故での破損の時で、個人賠償は第三者への賠償の時ですね!

保険金請求する時の注意点ってあります?

保険請求時に注意していただきたいのは、写真修繕見積もりで保険会社は保険金の認定をしますので、破損があった都度、管理会社と保険会社に連絡をとって請求して下さい

写真がなく、いつ発生した損害か確認できないので、後日修繕費用を請求されても保険で対応できない
というのは良くあります

また自身の家財に損害があった場合は下記の記事の補償範囲を参考にして請求ください

火災保険は未請求が多い保険?補償内容を再確認して保険金のもらい忘れを防ごう

退去時の注意点

 

友人の話で退去時に30万円請求されたって話を聞いたのですが、自分も同じように請求された場合ってどうしたら良いですか?

もし、高額請求された場合は、なぜ修繕が必要なのかという理由詳細な修繕見積もりを貰って下さい

偶然な事故での破損が原因の修繕があれば借家人賠償責任特約の対象になるので写真と修繕見積もりを保険会社に提出します

経過年数による減価割合

借家人賠償で対象にならなったところは全額払わなければいけないのですか?

借家人賠償で対応できなかった修繕費用も全額払わなくて良い場合がほとんどです

物の価値は年数がたつと下がっていき、新しい状態から6年たつと残存価値が1円になります

例えば、タバコのヤニが原因でクロスの張り替え費用が20万円だとすると

新築で入居して、3年後に退去した場合は10万円が入居者負担
新築で入居して、6年後に退去した場合は1円が入居者負担

経過年数による価値の減少部分は貸主が負担しなければいけないのに、入居者へ払わせようという考えなのでしょう

また元の請求自体に水増しして請求している悪質業者もいるようなのでご注意下さい

また、高額請求をされて交渉もうまくできなくて困っている方におすすめなのは

NPO法人の賃貸トラブルたすけ隊というサイトで無料相談をしてもらえるので、プロの助言で早急なトラブル解決が出来る事を祈っております

まとめ

以上の事からまとめますと

借家人賠償は偶然な事故での破損が対象
借家人賠償の保険金請求は事故が起きた時に請求する
退去時に高額請求されても慌てず対応、困ったらプロに相談
結論:仲介業者の火災保険は割高なので別で加入した方が良い

保険業界や不動産業界では知らないと損することが非常に多いです

火災保険の内容や退去時注意点を知識として持ち、損をしてしまう方が一人でも減って欲しいと思います

 

この記事が賃貸用火災保険を考えるきっかけになっていただければ幸いです

最後まで読んでいただきありがとうございました。



コメント