地震保険は入るべき?火災保険との違いや支援制度などをふまえて考えてみよう

火災保険

私は地震保険は必須な保険だと考えています

大地震で被災した場合の損害額は貯蓄でまかなえるような規模ではありませんので保険で備えるのが得策です

しかし地震保険自体が十分な補償をしてくれる保険ではないのが問題だと感じています

地震保険の補償内容を再確認し、足りない部分をどう対策していくかを考えてみましょう

 

スポンサーリンク

地震保険とは?

 

地震保険は加入しているんだけど、火災保険との違いはなに?

火災保険と地震保険の大きな違いは『目的』です

火災保険は、損害があった箇所を元に戻せるように、修繕見積もり金額が支払われる
地震保険は、地震で被災した場合に生活を立て直すための資金として、一定金額の保険金が支払われる

地震保険は火災保険の保険金額の半分までしか加入できないのは、この目的の違いからです。

また火災保険と地震保険を考えるにあたり注意点があり

地震が原因でおこった火災は地震保険からの支払いとなり、火災保険からは支払われない
津波や噴火での損害も地震保険からの支払いとなり、火災保険からは支払われない

大地震の時には火災が一緒に起こることが多いです

さらに大地震の時には一軒だけ燃える訳ではないので、火災が起きてしまったらほぼ全焼するでしょう

火災保険で2,000万円加入していても、地震保険からの1,000万円しか受け取れないと言う事になります

 

 

え!?家が燃えているのに火災保険から出ないって事あるんですね!

津波と噴火も地震保険からだけなんだ!

地震保険からは一定金額が支払われると言ってましたが、基準ってあるんですか?

 

地震で損害が起きた時には「地震保険損害認定基準」にしたがって、専門の鑑定人が下記表のように認定します

建物の損害の程度保険金額
全損建物主要部分の損害が時価額の50%以上

焼失・流失した部分が延床面積の70%以上

地震保険金額の

100%

大半損建物主要部分の損害が時価額の40%以上50%未満

焼失・流失した部分が延床面積の50%以上70%未満

地震保険金額の

60%

小半損建物主要部分の損害が時価額の20%以上40%未満

焼失・流失した部分が延床面積の20%以上50%未満

地震保険金額の

30%

一部損建物主要部分の損害が時価額の3%以上20%未満

床上浸水または地盤面から45cmを超える浸水

地震保険金額の

5%

※建物主要部分=軸組・基礎・屋根・外壁

地震保険料は保険金額や構造にもよりますが、年間1万円前後と加入しやすい金額となっています

被災者生活再建支援金制度とは?

 

地震保険もそんなにたくさん保険金が出る訳ではないんですね。

生活を立て直すためには住むところが必要だし、足りないように感じるんだけど、国から補償ってないんですか?

 

被災者生活再建支援金制度という制度があります

自然災害により生活基盤に著しい被害を受けたものにたいし、都道府県が相互扶助の観点から拠出した基金を活用して被災者生活再建支援金を支給することにより、被災地の速やかな復興を目的とする制度

10世帯以上の住宅全壊被害があった市町村等が制度の対象となり、その中の

  • 住宅が全壊した世帯
  • 住宅が半壊、または住宅の敷地に被害が生じ、その住宅をやむをえず解体した世帯
  • 住宅が半壊し、大規模な修繕を行わなければ居住することが困難な世帯
  • 災害による危険な状態が継続し、住宅に居住不能な状態が長期間継続している世帯

が対象となり、下記表の支援金を受け取ることができます

基礎支援金加算支援金
全壊、解体、長期避難100万円建設・購入200万円300万円
補修100万円200万円
賃借(公営除く)50万円150万円
大規模半壊50万円建設・購入200万円250万円
補修100万円150万円
賃借(公営除く)50万円100万円

市町村の窓口に罹災証明書、住民票などの必要書類を持って申請していただくことになります

 

被災ローン減免制度とは?

 

市町村から支援を受けれる制度があったんですね。

忘れず覚えておきます。

新築で被災して修繕費用で無理な二重ローンを組んでしまった話を聞いたことがあるんだけど

もしかすると被災ローン減免制度を知っていれば、無理な二重ローンに苦しむことはなかったかもしれません

自宅を再建できずにローンだけが残ったり、再建しても二重ローンに耐えられず自己破産に追い込まれないように作られた制度
蓄えのうち最大500万円と再建を支援するための公的な支援金を手元に残した上で、できるだけ返済し返済しきれない分は免除される仕組み
自己破産と違ってローンを払えなかったという情報が金融機関に残らないため新たにローンを借りることができ、生活を再建するための後押しになる

住宅ローンをはじめ、自動車や個人事業のローンを返せなくなった場合や、いずれ返せなくなる見通しになった方が対象です

大災害があった時には地域の弁護士会で被災ローン減免制度の相談窓口ができますので、無理な二重ローンを組んでしまう前に必ず相談してみてください

 

地震保険上乗せ特約

 

被災ローン減免制度を知っているか知らないかで人生が大きく変わりそうですね。しっかり覚えておきます。

地震保険や国の制度を活用しても、大きな損害なのは変わりないと思うんだけど、他に何か対策はできないの?

地震保険上乗せ特約という、特約があり簡単に説明すると

地震保険と同じ金額が特約から支払われるので、地震保険の2倍の保険金を受け取れる

この特約は非常に素晴らしい特約なのですが、特約保険料が高いです

住宅ローンがかなり残っている方には地震で被災した時のリスクはかなり高いので、地震保険上乗せ特約に加入することをおすすめします

 

まとめ

以上のことからまとめますと

地震や噴火が原因の火災や津波は火災保険では保障されず、地震保険からのみ
地震保険の保険金は生活を立て直すための最低限の資金確保の保険である
被災者生活再建支援制度と被災ローン減免制度は必ず活用する
地震保険上乗せ特約で地震保険の足りない補償を補える
結論:地震保険は必須

ここ数年でも大地震が数回あり、今後も予想される地震大国日本では地震保険を入らない選択肢はかなりリスクがあるように思います

保険料も入りやすい保険料ですので、加入されていない方は是非検討してみてください

 

また全国で大きな地震が多発しております

それに伴い地震保険の請求漏れの方も多くいらっしゃる様に感じます

直近の地震で基礎に亀裂が数本入っていると一部損害と判定され地震保険の5%がおりる可能性が高いです

もし地震保険加入の方で地震が原因だと思われる亀裂を見つけた場合は保険会社に連絡してみてください

こんな小さな損害で保険会社に連絡するのは気が引ける、とおっしゃる方も多くいらっしゃいます

そんな方は、下記から無料診断を受けられますのでご活用ください

この記事が地震保険を考えるきっかけになっていただけたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント